妄想王国~妄想を高める~

26867
無題 - プロフェッショナル 2007 日本語 Site
2011/06/01 (Wed) 19:22:46
ANNA SUI(アナスイ) 財布,ANNA SUI(アナスイ) 財布 の正規通販サイトなら、こちらへどうぞ!
アナスイ 財布 蝶_ANNA SUI 財布_ANNA SUI(アナスイ) 財布,ANNA SUI(アナスイ) ポーチのオンライン格安通販専門ショップ!
アナスイ 財布:http://www.fashionworld.jp/category-58-b0.html
アナスイ 財布の通販:http://www.fashionworld.jp/article-45.html
プロフェッショナル 2007 日本語 - プロフェッショナル 2007 日本語 Site
2011/06/01 (Wed) 19:15:49
新しいMicrosoft Office Professional 2007 日本語,Microsoft Office プロフェッショナル 2007 日本語,プロフェッショナル 2007 日本語を取得するなら、linksinfostore.com

のオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Microsoft Office Professional 2007 日本語,Microsoft Office プロフェッショナル 2007 日本語,プロフェッショナル 2007 日本語情

報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい

Microsoft Office Professional 2007 日本語:http://www.linksinfostore.com/goods-19.html
Microsoft Office プロフェッショナル 2007 日本語:http://www.linksinfostore.com/goods-19.html
プロフェッショナル 2007 日本語:http://www.linksinfostore.com/goods-19.html
Windows プロダクトキー - Windows プロダクトキー Site
2011/06/01 (Wed) 19:14:05
新しいWindows プロダクトキー,Windows 7 プロダクトキー,Windows XP プロダクトキーを取得するなら、linksinfostore.com

のオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Windows プロダクトキー,Windows 7 プロダクトキー,Windows XP プロダクトキー情

報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい

Windows プロダクトキー:http://www.linksinfostore.com/category-14-b0.html
ddddd - ugg E-mail Site
2010/09/13 (Mon) 14:23:39
С агентством всё понятно, и если у [url=http://www.saleuggbootsde.com/]ugg[/url] вас совсем нет свободного времени или вы не дружите с английским языком, то этот вариант для вас. Вы будете ограничены в выборе [url=http://www.saleuggbootsde.com/]ugg stiefel[/url] отеля и сроков поездки, но зато вас минуют хлопоты по оформлению документов и, возможно, [url=http://www.saleuggbootsde.com/]ugg schuhe[/url] у вас будет трансфер из аэропорта в отель и обратно.



スパイカメラ 激安販売 - カメラ Site
2010/08/23 (Mon) 16:49:03

専門ワイヤレスボタン型カメラ,アメリカ最新技術で開発したCCDチップを使用,高感度、高画質の映像が存分撮れます、暗いどころでもちゃんと使えます。カメラ内蔵の高感度ピクセルセンサーによって撮影範囲はぐんと上げる、普通のビデオカメラの倍以上あります、その上1秒以内に画像を捉えることができます。普通のビデオカメラは少なくとも2秒以上はかかります。このビデオカメラで撮れた映像は自動で信号化し、マイクロ波を通じて1500メートル以内に設置した接収装置に伝送します。接収機は受け取ったデータを復元し、DV機械、ビデオ、パソコンなどにまた伝送、そして保存することが出来ます。ハイテク商品ボタン型カメラ買う価値あり!
ボタン型 ビデオ カメラ:http://www.ebuy-minicamera.com/c-32-b0-button-hidden-minicamera/
ugg 店舗 - ugg 店舗 Site
2010/08/19 (Thu) 17:48:01
ugg ベイリ ボタン1足持って、日常の生活を少し贅沢にそして快適に、毎日を自分らしくすごせしましょう。こちらはブラック、チェスナット、チョコレート、グレー、レオパードヒョウ柄、サンドがあり、気楽に選んでください。
ugg ベイリ ボタン ブーツ 送料無料、iuggau.comで激安販売
アグ ブーツ:http://www.iuggau.com/
ugg 店舗:http://www.iuggau.com/
ugg ムートンブーツ:http://www.iuggau.com/
小型 ビデオ カメラ - 小型 ビデオ カメラ Site
2010/08/17 (Tue) 14:52:18
当社は日本的な人気と信頼を得ています。激安、安心、安全にお届けします.価格、品質、自信のある商品を取り揃えておりますので、品数豊富な商品情報HPはこちら!!どしどしご来店ください!!!当店は主に経営する商品:
小型 カメラ、ペン型 カメラ、キーレス カメラなど。購入→
小型 カメラ 通販:http://www.ebuy-minicamera.com/
小型 ビデオ カメラ:http://www.ebuy-minicamera.com/
スパイカメラ:http://www.ebuy-minicamera.com/
隠し カメラ:http://www.ebuy-minicamera.com/
ピンホールカメラ:http://www.ebuy-minicamera.com/
小説 - とも♪
2010/03/18 (Thu) 19:18:58
小説書いてみました。
未熟ですが見てくれると嬉しいです。



「結歌?ご飯よ!」
お母さんの声でわたしは目を覚ます。
パタパタとスリッパの音を響かせながら、1階に下りる。
「やたっ、ご飯とふりかけ~~!」
・・・ご飯とふりかけの組み合わせがが大好物な中学2年なんて、ほかにいるだろうか。
いや、世界中でたった一人。
舵井結歌(かじいゆいか)だけだろう。
「ご飯とふりかけだけでいいなんて、あんたも安上がりねぇ。」
「だけじゃないわよ。っていうか今日の晩御飯これだけ!?」
テーブルの上にはご飯とふりかけの袋がぽつんとおいてあった。
「あはは、冗談よ。ちゃんとおかずもあるから。」
うちのお母さんって・・・。
よくわかんないけどなんかスナックのママにむいてそう。
ほんと、よくわかんないわ・・・。

「っていうか舵井~。あんたってほんとあんたのおかあさんとくりそつ~~!」
「あの・・・さやちゃん。それ、死語だからね、うん。」
今、昼休み。
わたしは流木さやか(ながれきさやか):通称さやちゃんとお弁当を食べている。
ってか、くりそつって・・・、さやちゃん・・・。
「あ、そうか。でもさあ。舵井と舵井のお母さんって、天然なとこも、スマートなとこも、髪の毛わしゃわしゃってする癖も、そっくりだよね。バッチリ血つながってるって感じじゃん。」
さやちゃんがデザートのイチゴを口に入れながら言う。
「そっかなぁ~?」
とあたしは言いながら髪をわしゃわしゃ。
「ほらねっ、あはは!」
さやちゃんがぱっちり大きな目を細くして笑う。
さやちゃんって、美人だよね・・・。
それに引き換えわたしはね・・・。
そんなことを考えていると。
バシィッ!
背中に激痛が走る。
「何しけた顔してんのよっ!」
「痛っっ!!さやちゃん痛いって!」
背中をさすりながらわたしは言う。
「だってそんな顔、舵井らしくないじゃん?どしたのよ?」
「いや・・・うん、なんでもない!大丈夫だよ!」
さやちゃんにそう言ってもらえると、不思議と元気が出てくる。
「何よ!気になるじゃないのぉ!まあ、いいや!舵井が憂鬱そうな顔してたら、あたしまで憂鬱になっちゃうんだからねっ!」
バシィッ!
さやちゃんはそう言って、わたしの背中は本日二度目の激痛をうけた。
Re: 小説 - 雅璃陽*管理人* E-mail Site
2010/03/18 (Thu) 20:04:30
とも♪ぉぉぉ……!!
とも♪はリアですょ―w

うむ。
わっちも最近気に入ったふりかけがあるのでわかる。。
小説 - とも♪
2010/03/21 (Sun) 13:44:24
「かーじーいー!」
翌朝、教室の扉を開けるなり大声で叫んだのは同じクラスの愛姫妃鞠(あいひめひまり)だった。
低血圧のわたしは、重い声でとりあえず返事をする。
「姫~?何・・・。」
そんなわたしの様子には気づきもしないで、姫は勢い込んで言う。
「聞いてよ舵井!漢検段とったの!!」
「マジ!?」
その言葉で飛び上がったのはわたし。
教室の隅で友達としゃべってたさやちゃんも、長い黒髪をなびかせてこっちに走りよってくる。
「何々、どうしたの?」
「聞いてよさやちゃん!漢検段とったの!!」
同じ言葉で姫がさやちゃんに言う。
「マジで!?おめでとう!すごいじゃん!」
さやちゃんのきれいな黒い瞳が輝く。
「ってか、いつとったの??」
わたしが聞く。
「昨日の日曜!」
姫が興奮した顔つきで答える。
そう、姫は、漢字の天才なのだ。
「そうだ!あたしも、漢検といえば。」
ふいに、さやちゃんが話を始めた。
「あたしも、実は植物の大会で、3年連続優勝したの!」
「嘘ぉ!すごいじゃん!」
姫とわたしが賞賛する。
「実は、今年も出ようと思ってるの。頑張るから、応援してね!」
「うん!絶対するって!」
そんなことを言っていると、予鈴が鳴った。
「はい!皆さん席につきなさい!朝読書始まるわよ!」
そういって教室に入ってきたのは、2年3組の担任であり、共に数学教師でもあった橋島恭子(はしじまきょうこ)だった。
わたしとさやちゃんは、のそのそと自分の机にむかう。
姫はうきうきして机に戻る。
はぁーぁ・・・。
今日も一日が始まった。
小説 - とも♪
2010/03/23 (Tue) 18:20:24
よく分からないかも知れないですが・・・。


家に帰ったわたしは、部屋にかけあがると、手も洗わないでパソコンデスクの前に座った。
「結歌?帰ったの?ちゃんと手、洗いなさいよ!」
「はぁーい・・・。」
母の小言を聞き流して、ノート型パソコンを開く。
わたしはパソコンが好き。
なんでも調べることができるから。
そんなわたしは、パソコン検定で3級を取得している。
学校では、一番パソコンに詳しい。
「結歌!ちゃんと聞いてるの?」
お母さんの小言がまだ、聞こえる。
「はいはーいっ!」
わたしは返事をして、階段をかけおりた。

手を洗ったついでにお母さんのにぎったおにぎりを2つ持っておりてきて、パソコンの前に座った。
と、そのとき。
弟の一助(いちすけ)が帰ってきた。
「ただいまーっ!あれ、おねえ、今日早くね?」
うるさいのがきた・・・。
一助は小学4年。
「今日は部活なかったからね!しかも4時間でしたー!」
わたしは一助に背を向けたまま答えた。
「えーっ、いいなーぁ。俺なんか明日も6時間なんだぞぅ!もうすぐ春休みだってのに。」
言うのを忘れてたけど、わたしは料理部だ。
ほんとはパソコン部に入りたかったんだけど、生憎なかったんだよね。
だから、このところ料理の腕があがってきたように思う。
一助はバタバタと階段をあがっていく。
「おかーさん!おなかすいたよー。俺にもおにぎり作ってーー!」
「はいはい待っててよー。」
こんな会話が聞こえる。
一助が帰ってきたとたん急いでおにぎりを隠したつもりだったが、見えてたみたい。
恐るべき眼力・・・。
まあ、いいや。
気を取り直して、インターネットを開く。
今日は何を検索するかな。
そういえば姫は漢字の天才だっけ。
わたしは検索スペースに『天才』と打ち込むと、エンターキーを押した。
たちまち画面に検索結果が並ぶ。
その中に、一際目立つ文字があった。
『あなたも行ってみませんか?天才の館へ』
天才の館?なんだそれ・・・。
とりあえずそれをクリックした。
そういえば、一助も、恐竜の天才だっけ。
天才天才ってうるさいかもしれないけど・・・。
ってか自分で天才って言ってるからねあいつ―一助は・・・。
そんなことを考えてると、いつのまにかホームページが開いていた。
その中に、『パソコン』をいう文字を見つけた。
わたしは迷うことなく指を動かし左クリックをした。
その途端。
ピロリーン――――。
そんな音がして、わたしは意識を失った。


タイトルが決まりません!
頑張ってつけます。
少々お待ちください。(待たんわ!
髑髏の形のクリスタル。 - とも♪
2010/03/24 (Wed) 12:45:41
目を開くと、真っ先に見えたのが姫だった。
「ひ、姫??何でここにいるのよ!?」
「舵井こそ!何が起きたのかさっぱりわかんないわよ!」
周りを見渡すと、他にさやちゃんと一助がいた。
一助がむくっと起き上がり、開口一番こう言った。
「おねえ!?何こんなとこで遊んでんだよ!来年受験なんだぞ!」
・・・今、その話?

どうやら寝ぼけているらしい。
わたしは一助の頬を思いっきりひっぱたいた。
「痛ってェッ!何すんだよ!」
「寝ぼけんな!起きろーーーーーーッッ!」
ひっぱたいた上に、大声を出すなんて非常識かもしれないけど、今はそれどころではない。(あるかもしれない)
その声で、さやちゃんも起きた。
一度寝たらよっぽどのことがない限り起きないさやちゃんだ。
ということはよっぽど大きな声だったみたい。
ちょっと反省。
「か・・・舵井?なんでここにいるのよ?」
「こっちが聞きたいわよ!」
「大体ここ何処よ!?」
「知らないわよ!」
「うるさいうるさいうるさいーーーーーーっ!」
「おねえが一番うるせぇよ!」
そんな言い合いをしていると、どこからか声が聞こえた。
「選ばれし4人の天才たちよ・・・。自覚を持て。お前たちには才能がある。そして護るのじゃ。この世界のために・・・。」
言葉はそうでもないが、声自体は綺麗な凛とした声だった。
「何って?」
姫が聞いたが、もう”声”は答えてくれなかった。
「とにかく!先ず立とうよ・・・?」
忘れてた。
まだわたしたちは立ってなかったのだ。
よっこいしょ、と立つと、眩暈がした。
ここはどこなのかという緊張と、ずっと寝ていたらしいその姿勢をいきなり変えたことからだろう。
辺りは一面緑に囲まれていて、上に見える空は紫色だった。
「紫ってことは、今、夜なのかな?」
さやちゃんが疑問を抱く。
「わかんないねぇ・・・。誰かにあったら聞いてみようか。」

しばらく進むと、先に明かりが見えた。
その近くで、洗濯物を干している女性がいた。
わたしたちはその女性に近づく。
「あの・・・、今から干すんですか?」
「今からって・・・まだ朝の10時じゃよ。」
わたしたちは顔を見合わせた。
「でも・・・、空が紫色・・・。」
「あれま、ここではこの色が普通なんだけどねぇ。」
「そうなんですか、ありがとうございます。」
「ってことは、この辺の子じゃないみたいだねぇ。ちょっと、聞いてくれるかい?」
女性が眉間にしわを寄せて話す。
「この国の人たちはもう知っているんだけどね。この国は、今狙われているんだよ。」
「狙われてる?」
わたしたちは皆、口をそろえた。
「そうじゃ。この世界は、謎の国から狙われているのじゃ。しかも最近、この国を征服するという計画があるらしい。わたしたちはもう毎日が地獄なんじゃよ・・・。」
「そうだったんだ・・・。あの、わたしたち、この辺のことはあんまり知らないんで、教えていただいてもいいですか?」
「ああ、いいよ。まあ、立ち話もなんじゃから、入っておくれ。」
女性はわたしたちを家の中へとすすめる。
わたしたちはすすめられるまま家の中へあがった。


タイトル決まりました!!
よろしくです。
闇色物語 - とも♪
2010/04/17 (Sat) 19:49:40
カップに淹れられた紅茶を一口飲み、おもむろに話は始まった。
「あれは、いつごろだったかのう・・・。」
女性が話し始めたのは、こんな話だった。

この国には、ある一つの掟があるらしい。
超能力を使ってはいけない、という掟が―――。
何故こんな掟ができたのか?
それは、大昔、この国の人たちは超能力を使った日常生活をしていた。
しかし人々は、普段超能力を使い慣れているため、ある日突然超能力がなくなってしまったときのことを恐れた。
そのために、今では超能力が禁止されているらしい。
しかし反対の意見も少なくなかったそうだ。
その意見を聞き流し、賛成の人々は半ば強制的に超能力を使うことを禁じた。
『超能力、だめよ。』
それからというもの、この言葉が家庭で何度も繰り返されるようになった。
その掟を聞きつけた謎の国が、ある日この国に攻めてきた。
勿論、この国にはたいした武器も、戦力も持っていない。
謎の国の圧勝だった。
人々は嘆き悲しみ、謎の国が攻めてきた理由もわからないまま、無惨に死んでいった。
かろうじて残っていた国民に対し、謎の国はきつくあたった。
毎日の労働、謎の国の言いなりだった。
ある日、一人の老人が聞いた。
「何故、この国を攻めたのじゃ?」
それには答えず、謎の国は一枚の手紙を残し、去っていった。
『この国を攻めた理由、それは自分たちで考えるのだ。』
手紙にはこう一行、書いてあった。
住人は皆、途方に暮れた。
なんのことだろう?夜も眠れなかった。
ある日、一人の戦士が一人で謎の国に詰め寄った。
城に着くと、真っ先に向かったのは王室だった。
「何故、どうして攻めたのか、答えなさい。さもないとこの剣であなたの首を突き刺すわよ!」
王様はそれにはぴくりともせず、言った。
「最近では珍しい勇気のある若者だな。いいだろう。教えてやろう。」
戦士が一歩前に踏み出た。
「お前らの国では、超能力が禁止というらしいな。そこでわたしたちは考えた。
超能力が禁止になった国を攻め寄れば、こちらの圧勝だ。間違いなく。現にそうだろう?
わたしたちの国は今危険なのだ。ほかの国を攻めないと暮らしていける立場ではないのだ。」
「そんなの嘘でしょう?あなたたちはあんなにすごい武器を持っていたじゃない?」
「そのとおり、嘘だ。」
「なんなの、あなたたちは?」
「はっはっは、同情をひこうかと思ったがそんなわけにはいかないようだな、この小娘は。
さあ、今すぐここから出て行くがいい!」
「・・・あなたたちのやり方は卑怯ね。卑怯としか言えないわ。さあ、その立派な首を落としてやるわ!」
「簡単にできるものか!」
その言葉で、誰もいなかった王室の周りからわらわらと警護人が出てきた。
「何、あのねぇ、あたしをなめるんじゃないわよ。さあ、覚悟しなさいね。」
ブスリ。
戦士が王の首を突き刺した・・・かと思った。
しかし、現実は戦士の左胸を警護人の一人が突き刺したのだった。
戦士は即死だった。
戦士の死体は町の真ん中に丁寧に埋められ、一生、崇められた。
その後の人々の生活といえば、前の豊かな暮らしとは程遠かった。
毎日が地獄の日々。謎の国の王は人々の労働の金で毎日楽をしていた。
今でもその暮らしは続いている。

「・・・というわけなんじゃよ。」
「そんな辛い過去があったんだ・・・。」
すっかり冷め切った紅茶を一口飲み、女性は溜め息をついた。







はい。えっとですね、この小説はあくまでとも♪の妄想なので、漢検段とか植物の大会とか全然知らないし、そもそもあるのかどうかも知らないし、よくわからないのでそのへんはほんとにフィクションです。
ご了承くださいな。

あとですね、タイトル変えました。
気にくわなかったので(自分で考えたくせに)。
闇色物語 - とも♪
2010/08/14 (Sat) 11:57:42
ふと、姫が切り出した。
「あの、今でも超能力って使っちゃだめなんですよね。
じゃあ、自然に頭で対抗すれば?だめなのかな。」
「頭で・・・って、どういう意味?」
さやちゃんが問いただす。
「だから、さっき、言ってたじゃん。ほら、あの”声”が。『選ばれし4人の天才たちよ』って。」
一助がポンと手をたたく。
「そうだ!それだよ!そういう意味だったのか!」
女性はきょとんとした顔つきでわたしたちを見ている。
「あ、すみません。ちょっとこちらで話がしたいんですが・・・。」
「あ、ああ。いいよ。ゆっくりお話し。」
女性に一応断ると、わたしたちは会議を始めた。
「でもさあ、あたしたちの頭って、漢字とか、植物とか、そんな頭じゃん。いけんの?」
さやちゃんが心配げに聞く。
わたしもちょっとそう思ったんだけど。
「うん。そこよ、そこ。この国、謎の国からきつくあたられてるんでしょ?それを、あたしたちが手伝うの。」
「なるほどね。でもさ、わたしたちが手伝うって、具体的には?」
手伝うって一口に言ったって、わかんないよ。
「あの、今、困ってることあります?」
姫が、会議中のわたしたちを気にせずテレビを見ていた女性に聞いた。
「え、なんだい?」
テレビの音で聞こえないのか。もうちょっと音小さくしようよ。
「今、困ってることあります?」
姫がさっきより大きな声で聞いた。
「そうだねぇ・・・今、ここは謎の国に大きな借金があるんだよ。『戦争で使った、武器が壊れた。その分の金を払え。』ってね。そんな理不尽な理由があるかい?」
女性は答えた。
テレビは相変わらず消さないまま。
テレビには謎の国の理不尽な理由の借金のために働いている人らが映っていた。



ugg メタリック超人気!!! 推薦★ - tall Site
2010/08/11 (Wed) 10:40:50
UGGメタリック クラシックショートブーツは本皮スエード、シープスキン中でもメタリックは今までに無かったニューカラー! ぎらぎらし過ぎない品のあるメタリックカラーだか ら、カジュアル過ぎない雰囲気で大人なコーデにもぴったり
大人気UGG ブーツ限定価格発売 - わか Site
2010/06/07 (Mon) 15:14:14
UGG 日本で人気のアグ 販売店として、品質優良、価格激安、多様なサイズ選択、品質優良を保証しておるので、ご安心にショッピングしてください。
アグ クラシック トール:http://www.uggau.jp/c-180-ugg-classic-tall-b0.html

アグ クラシック ショート:http://www.uggau.jp/c-181-ugg-classic-short-b0.html